情熱小滝

我ら相寄り村を成し

~300年後の存続を目指して~

 最高級コシヒカリ コタキホワイト オンラインショップ

小滝ってどんなところ?

>> H28.3.31
長野県最北端に位置する栄村。豊かな自然に恵まれ、その自然とともに生活する文化が今も色あせることなく続いています。村内には31集落があり、小滝はその中でも比較的小さな集落でブナ林と田んぼに囲まれており、現在13軒で営んでいます。ここでの暮らしは移り行く季節を五感で感じられ、自然とともにゆったりとした時間が昔と変わらず流れています。野菜の多くは自ら栽培してまかない、子どもから年寄までが仲良く協力し合いながらイキイキと暮らしています。

私たちのルーツを探ると『300年』がキーワードにあがります。
私たちの祖先は、300年前に水不足によって一度はこの地を離れたそうですが、この地への強い想いや苦労を重ね、はるか遠くの深山から小滝せぎ(水路)をなんとか開設したことで、再び生活を営むことができるようになり今に引き継がれてきました。
300年前に開設した小滝せぎは、現在でも稲作や雪を消す生活水に使われており、途切れることの無いように維持管理されています。


>> H23.3.12
私たちの集落を震度6強の地震『長野県北部地震』が襲いました。
家屋への被害に合わせ、小滝にある水田7haのうち5haが被災、300年間守られてきた小滝せぎも大きな被害を受けました。
震災前に17戸あった住宅は13戸に減少したことで、集落の家並みは物寂しくなりました。また、集落人口が激減したことにより、集落維持活動への不安はぬぐえませんでした。
しかし、震災により失ったものばかりではありませんでした。震災直後から来ていただいた、たくさんのボランティアの方々のご協力により、再び小滝せぎに水が流れることになりました。また、私たちは震災後から何度も何度もこれからの小滝集落について話し合ったことで、これまでにも増して一致団結することができました。その結果、2年半の歳月をかけて小滝震災復興計画ができあがりました。
その中で、「この地で300年続いてきた想いや営みを300年後に引き継ぐ」という夢とロマンを掲げ、田んぼを守りおいしい小滝米を作ること、古民家を拠点として集落外の方と交流を持つことを柱に掲げました。また、集落維持活動を円滑に進めるため、全戸が出資した小滝集落の「合同会社小滝プラス」を設立しました。
これからも、小滝を取り巻くあらゆる資源を活用して、この地で真の豊かさを感じながら暮らしを営んでいきます。

小滝の暮らし

小滝を囲むブナ林の若葉が芽吹く頃、稲の苗作り「すじまき」が始まります。苗が独り立ちできるほどに育つと、いよいよ田植えの時期です。小滝では、父ちゃんたちをはじめ、子どもから年寄まで集落のみんなで作業をおこないます。
田植えが終ると、集落のみんなでお宮の前の広場に集まり、この地ならではのネマガリタケのお汁などを囲みながら、田植えまでの作業の疲れをねぎらう「田休み」をおこないます。 田植えの後は、毎日朝起きてまず田んぼの水見をするところから始まり、日暮れ前にもう一度水見をして1日が終わります。米づくりは、小滝の大事な暮らしの営みなのです。
そして秋になると、小滝が黄金色に色づき、待ちに待った稲刈りとなります。
ある父ちゃんに教えてもらいました。「朝一番の田の水と夕方の田の水を触りくらべてごらん。全く水の温度が違うんだ。これがうまい米ができる秘訣なんだよ」と。そうした父ちゃんの背中を見て育ち、また子どもたちに伝えて、小滝の米づくりは受け継がれています。

小滝の雪

小滝は毎年3mを超す雪が積もる深雪地です。多い日は1日に1mほど積もることもあり、5月頃まで雪が残ります。
雪国の生活はやはり大変な事もありますが、だからこそ暮らしの知恵や技の宝庫です。今から40?50年ほど前には、除雪機などがなかったため、数km先まで「道踏み」と言い、新雪をかんじきで踏み歩きながら道を作っていたそうです。屋根の雪掘り(雪下ろし)や家の前の雪かきは、今も変わらずに日課となっています。
一方で、深雪地であることの恩恵もたくさんいただいています。大きなかまくらの中で、みんなで鍋を囲みお酒を飲めることもその一つです。また、春先には「しみわたり」と言い、春先の湿った雪が夜から朝方にかけ凍みると、雪原がカチカチになり、早朝にだけ、ぬかるむ事なく山登りなどを楽しむ事ができます。
そして何より、この雪がおいしいお米や山菜を育てるのです。雪に含まれるミネラルがじっくりと大地にしみ込み、清らかな雪解け水が甘くてもちもちとしたお米を作り出しています。

小滝の郷土料理

小滝集落には昔から伝わる食があります。山菜や野菜など旬に頂く、これに勝るものはありません。真に至福の極みです。そして雪深い冬を乗り切るための保存食としての知恵を昔から受け継がれてきました。 収穫した野菜を腐らせず、長く食べられるように加工した漬け物や、山菜を揉んで乾燥させ、長く保存できるようにしたものなどがあります。また、あえて秋に野菜を収穫せず、雪の下にして保存する方法もあります。雪の中は常に凍みないぎりぎりの温度に保たれるため、いつまでもみずみずしく、さらに甘みも格段に増します。
 小滝で採れ、昔から受け継がれている方法で保存した食材を使って作った「ごっつお(ごちそう)」を、いくつか紹介します。

かてぜ 塩漬けした野沢菜、大根、にんじん、たくわんを細かく刻み、しそのめ、納豆を入れて混ぜ合わせたもの。ご飯にかけて食べると、何杯でも食べられます。
あんぼ 小滝でとれたお米を粉にしてお湯を加えて混ぜ、一度蒸した後、さらにこねてあんこや野沢菜、おからなど中心に入れて団子にして焼いたもの。
小煮芋 ゴルフボール程の大きさのじゃがいもを、みりんや醤油、お砂糖などで煮たものです。子どものおやつに最適です。
いもなます 千切りにしたじゃがいもを水にさらし、酢やみりんなどで軽く炒めたもの。シャキシャキ食感で一度食べるとクセになります。
手づくりこんにゃく 芋から育てた手練りのこんにゃく。刺身でよし、煮物、おでんなど絶品です。

まだまだありますが、旬のものをその場でいただくのが小滝の暮らしの豊かさです。

小滝の道

小滝という集落名の由来を紐解くと、その昔、集落の横を流れる千曲川(信濃川)を使って、越後の国(新潟県)から善光寺へと人や物を搬送していた商人が、川から見た景色を見て名づけたと言われています。ちょうど小滝を流れる場所は流れが急なこともあり、運河を作って船を引いたという記録が残っています。その記録通りに、船を引くために作った岩場の足場が、今もなおくっきりと見ることができます。
(苗場山麓ジオパーク認定ジオサイト:小滝四ツ廻りの運河跡


もちろん水路だけではなく、千曲川に沿って陸路も善光寺街道として利用されていました。旅人が小滝のお宮さまで一晩休んだという記録が、小滝のお宮さまの壁に記されています。
「そんな歴史ある古道を後世に残そう」と、2010年に小滝住民が集落周辺の古道を復元しました。歩く、野花や小鳥のさえずりを身近にゆったりした時の流れを体感してみませんか。毎年春と秋に古道を歩くツアーを催しています。ガイドは小滝の父ちゃん達、昼食は小滝の母ちゃん達が総出でもてなします。小滝の想いに共感してくれる方も多く、リピーターの方が多いのが特徴です。

交流の拠点

築200年以上の古民家を改築したゲストハウスです。 となりは震災によって空き家となり、取り壊しになりそうでしたが、 小滝住民は「取り壊すなんてもったいない!ぜひ後世に残したい!」という想いから、 たくさんの方のご支援をいただき、交流拠点として生まれ変わりました。 ちなみに、「となり」とは、昔から呼ばれている、家につけられてた呼び名(屋号)で、 各家によって屋号が違います。小滝には、他に「だいくどん」「あたしゃ」「のぼり」など、 ユニークな屋号がならんでいます。

となりの使い方

●宿泊のお申込み方法
宿泊をご希望の方は、申し込みフォームにてご連絡ください。
宿泊者のどなたかが「となりんしょ」であることが条件です。
●お部屋について
部屋数が少ないので、相部屋でのご利用になります。
一緒に泊まる方との交流もぜひお楽しみください。
●お食事について
食事のご提供はございませんが、基本的な調理器具は備えてございます。
季節によっては、小滝で採れたお米や野菜を提供させていただきます。
●お風呂について
となりにも家庭用の浴室がございますが、近隣にはとても良い泉質の温泉がございますので、そちらをご利用されることをお勧めいたします。
●その他
となりの2階には、昔使われていた古民具を展示しております。
また茅葺屋根を内側からご覧になれます。
駐車場についてはご相談ください。
注)小滝住民が夜にお酒をもって現れるかもしれません(^^)

料金

1泊あたり・・・3,500円/人 ※冬季は灯油代として500円を別途いただきます。

小滝だいたいの暦

5月上旬(ゴールデンウィーク)     すじまき(稲の種まき) 5月上中旬               春の普請(集落維持共同作業) 5月下旬                田植え 6月中旬                田休み 竹の子汁で一杯 6月下旬                春の古道ウォーク 8月16日                小滝夏祭り 9月下旬                稲刈り 11月上旬                秋の古道ウォーク 11月下旬                秋の普請(集落維持共同作業) 12月1日付近日曜日           小滝復興の日 1月1日                小滝新年会 1月中旬                道祖神

小滝ファン倶楽部「となりんしょ」

●となりんしょとは ふるさとの家“となり”の屋号からつけました。 小滝に来たすべての人にとってのふるさと=となり。 そこに集う人のことを【となりんしょ】と呼ぶことにしました。 これまで小滝には、各地からたくさんの方が訪れ、四季を通した行事・イベントで 人とのつながりやあたたかさを感じてきました。 『多くの人にもっと小滝を好きになってほしい…』 『訪れた人がもっと小滝を身近に感じられたら…』 『なつかしさやふとホッとする人・場所であれたら…』 そんな、こたきんしょの想いを込めたとなりんしょになりませんか。 ●入会すると 1.ふるさとの家に宿泊できます! 2.いち早く小滝の情報が届く! 3.ポイントを貯めると素敵なプレゼントが?! 4.fb「となりんしょ」に投稿が可能に! 5.となりんしょ同士とも交流ができます! ●入会方法 ・申し込みフォームから入力。 ●となりんしょ家訓 1つ、こたきんしょと顔を合わせること。 1つ、小滝に来て「ただいま」「はい、こんちょ」「あちゃ」と言うこと。 1つ、小滝について誰かに伝えること。