初夏の古道ウォークでしたよー

昨日は初夏の古道ウォークでした。天気が良くとても気持ち良く楽しく歩けました。キレイな千曲川のほとりを歩くのも良かったなぁ。ウリノキの花盛りでした。いろんな野鳥のさえずりも良かったですよー昼食交流会も小滝の母ちゃんごっつぉも美味しく楽しくできました。次回は11月4日に紅葉の中でやります。

古道ウォーク参加募集!

田植えが終わりました。古道ウォークは6月17日です。参加募集してます。ブッポウソウが飛びアカショウビンが鳴き山野草が日々入れ替わり自然のアルバムそのものです。

小滝への道物語

となりの集落(月岡)から小滝への一本道の入り口の赤い橋のたもとに4体の馬頭観音があります。月岡集落から1kmの間に4つもあるんだから、相当の難所続きの道だったのです。5、60年前までは嫁入り道中で歩いた。耕運機が最高の乗り物だった。小滝で復活させようかな。保育園からずぅーっと歩いて来て「でっかくなったらここからあっちへ橋を作ってあげるよ」と夢を語ってた。この時期は緑のトンネルだった。40年前に橋が架けられ道もこんなに立派になった。今朝は馬頭観音に手を合わせたくなった。小滝には物語があります。 

震災後7年、つのる想い


震災後7年、満7年に想いは大きい。絶望感で毎日ここに来て涙していた。「新潟中越地震の被災地の行ってみませんか」声をかけてもらい、小滝のみんなで行き7年たった姿を見、励ましの言葉をいただき、勇気をもらった。今、小滝はあの中越と同じ7年。あの中越と同じようになっているのだろうか、勇気を与えられるようになっているのだろうか?恩返しは歩み続ける小滝を見ていただくこと。想いは熱い。そして、感謝。